ロストワックス

ワックスでジュエリーの原型を造り、ゴールドやプラチナで鋳造(キャスト)を行う技法です。金属をそのまま削るよりも容易に細かな立体造形が行えることが特徴です。

ロストワックス

製作の現場においては、元の型よりも出来上がりが若干収縮してしまうことに注意が必要です。特に、ゴールドとプラチナでは収縮率が異なりますので、コンビネーションのデザインをする場合などは予め計算に入れておかなければなりません。

いずれ、工程をより詳しく画像にてご紹介したいと考えています。今しばらくお待ちください。