ロー付け

18金やプラチナを接合する技法です。接合する金属よりやや低い融点を持つ材料をバーナーで融かし、2点の隙間に流し込みます。もちろん、火を当てすぎると元の金属が融ける恐れがありますので、細心の注意が必要です。金属板からリングを造る場合や、いくつかのパーツを組み合わせる場合などにこの技法が用いられます。手作りのブレスレットやネックレスは、ロー付けの労力がかかる代表的な例です。

いずれ、工程をより詳しく画像にてご紹介したいと考えています。今しばらくお待ちください。